借金の悩み、払えない、返せないを解消

借金踏み倒しの成功率は?

消費者金融からの借り入れやカードローン等の借金はまるっきり払わずに5年たつと時効です。

でも注意しなければならないのは、5年経ったから自動的に時効になるのではなく時効を宣言する時効の援用が必要になります。

これが成功すると借金の踏み倒しが成功したということになるのですが、その成功率はどのくらいなのでしょう?
昔なら人知れず地方で住み込みでの働き口を見つけてひっそりと・・・といったドラマや小説のようなことも可能だったかもしれませんが、今の時代ではそのようなことはほぼ無理だといえます。

まず住民票を移すことができないため、いろいろな面で不具合も生じますし、家族、とくに子供さんの学校への進学や転校もできないということにもなってしまいます。

本人が知らない間に裁判を起こされていたら時効は10年に延長されてしまいますし、それがわからず5年たって時効の援用をしようとしたら実際にはまだ時効じゃなかったという今ままでの苦労は何だったんだ!!ということにもなってしまいます。

現在進行形で借金を一銭も払わずに過ごしていてもうすぐ5年だ(又は5年たった)というのであれば踏み倒し(時効)を考えてみても悪くはないと思いますが踏み倒しを計画してこれから実行しようと思うのであれば、債務整理ほ方向で進めたほうが精神的な負担も含めて絶対に良いといえます。

夜逃げをしようという気持ちの裏には自己破産をするとその後の生活が惨めになるとか世間体がわるくてとてもじゃないけど今のところに住んでいられないという気持ちが先立ってしまうという事実もあるのですが、借金を整理する方法は自己破産だけではありません。

むしろ自己破産は借金問題解決における最終手段という位置づけとなっていてそれ以外にも裁判所を介さずに行うことが可能な「任意整理」や財産を手放さなくてもよい「個人再生」があり個人個人の状況に応じたベストな方法を選択することができます。

この判断はお好みというより整理後の生活を含め、総合的に判断する必要があるので借金問題に強いプロとの相談で決めるのが成功する秘訣にもなります。

借金200万円が払えないけど任意整理か自己破産か?という質問があったりしますがそれだけで答えが出るものではないのです。
この金額で任意整理をする人もいれば、自己破産の人もいるのです。

借金の問題を弁護士に相談するのは抵抗があるというのもよく聞きますし実際に相談しにくいものでもありますが、そこで一歩踏み出すことで借金苦から開放される日々が確実に近づくというのも事実なのです。

>>匿名で借金減額診断・整理方法の相談ももちろん可能です<<