借金の悩み、払えない、返せないを解消

借金の悩み、払えない、返せないを解消 > ギャンブルの借金でも自己破産は可能?

ギャンブルの借金で自己破産

巷ではギャンブルでの借金は自己破産が出来ないということが言われ、借金苦の人は更に窮地に追いやられてしまうこともあります。

でもそれはでたらめではなく、実際にギャンブルの借金では自己破産の免責が許可にならないというのは事実なのです。

この免責が許可されてはじめて借金の支払いから解放されるわけですが、免責不許可事由という免責が許可されない事由が定められていてギャンブルや浪費による借金も含まれています。

ですので原則ギャンブルの借金は免責不許可事由となります。

借金苦の人の救済と新しい生活へのスタートの手助けのシステムであるべきものがその程度であるのなら本当に路頭に迷ってしまう人が続出してしまうというのが実際のところです。

裁判所にはたとえ免責不許可事由にあたる場合でも本人の反省と再起にかける意欲、そして現状に至った経緯も加味して裁判所独自の裁量で免責を許可する権利を有しています。

これを裁量免責と言って、この裁量免責を含めると実際に免責が不許可になる率は限りなく低く2回目とかじゃない場合は9割以上の割合で免責が許可されているので、ギャンブルや浪費で借金が膨らみ払えなくなったという場合でもあきらめる必要は全くないのです。

自己破産は借金の返済がほぼなくなりますが、借金額を大幅に減らして返済する任意整理や個人再生もあり、この場合は借金の理由は問われないので、そういった方法も含めて一番自分の現状に合う方法を見つけてそれを進めるのがこれからの生活の上でも重要です。

一番適切なアドバイスは専門のプロに聞くことですが、費用を考えると相談も躊躇してしまうという場合もよくあります。

ことが借金問題なので相談は何回でも無料という頼もしいところもあるので積極的に活用したいものです。

家族に内緒で相談もOKです

ギャンブルでの借金 離婚の慰謝料は?

夫がギャンブルで借金を繰り返し離婚をした場合、慰謝料を取ることは可能なのでしょうか?

まず離婚が可能かどうかのポイントは離婚を認めてもらうための前提条件
「婚姻を継続しがたい重大な事由」の有無となります。

話し合いで双方が同意しない場合は訴訟となります。

そして離婚となった際に大切なのが慰謝料をもらえるかということなのですが、

慰謝料はもらうことはできるのですが、離婚後に自己破産をした場合は慰謝料の支払いも免責されてしまいそれ以後はもらうことが出来なくなります。